フォト

Shop

  • 作品がお世話になっているお店・Web Shop
  • ■ディノス Teddy Bear Fanclub
    https://www.dinos.co.jp/teddy_s/
  • ■逸品Shopコレコレ
    楽天市場 https://www.rakuten.ne.jp/gold/collecolle-teddy/
  • ■MAY FAIR
    清里萌木の村 www.scotcreation.com/mayfair/
  • ■Bear Labo
    西武池袋本店7F
  • ■ROSE BEAR
    新潟県上越市・吉川照美さんのお店 rosebear-jp.com/

Search Links

トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の6件の記事

2010年5月29日 (土)

テディベアにドールハットを・・・

 先日作成途中で紹介したドレスベアが完成しました

Dressb

 襟元と袖に薔薇と葉っぱの刺繍をしました。薔薇の季節どうしても薔薇尽くし・・

 実に私はテディベアコンベンションに出品した当初からドレスを着たベアを作っていましたが・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 テディベアは本体にモヘア(山羊の毛織物)を使用するのが一般的です。このモヘアは主にドイツ、イギリスで生産されています。(テディベアの作成に必要な材料のほとんどが輸入のものです。現在は日本製もあります。)モヘアの種類は色、毛並みの状態、モヘアの長さ、など種類が豊富で、このモヘアこそテディベアならではの上質で本格的という見方があって、伝統的なイメージになっているように思います。すでにモヘアをまとったベアにこれ以上のデコレーションは不必要かもしれませんが。

 ドレスを着せたい、ドールのハットをベアに被せたい・・という願いでずっとベアにイメージのドレスを着せています。どこか幼いころの着せ替え人形やドールのイメージをベアに抱き続けてしまうのかな・・

Dressup2_2

 薔薇模様のチュールレースとシルクの二重ドレスにしました。

 Mrs. Maureen のドレスはすべて手縫い。小さなドレスはミシンをかけるよりも手縫いの技が細部に行き届きます。彼女にドレス作り、ハット作りの基本を教わったのは12年ほど前。

Dollhat  

 こちらのドールは本格的はドールハット、サイドから見るとよくわかりますがとっても美しいラインが出ています。前面のデコレーション、ハット後部の設計もきれい

 Mrs. Maureen はこのハットを作るのもドレスを作るのも、時にはコンベンション会場で何気なく立ったまま作ってしまうほど手馴れています、とっても丁寧にレクチャーしてくださいました。針金を入れてカーブを作ったりと、その手間はかなりのもの。

 Dressbdoll

 ツーショット

 紫陽花が咲き始めました☆小さなお星さまみたいな形のかわいい額紫陽花。

2010年5月23日 (日)

薔薇たち

  .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.  今日は残念な雨模様雨の日もそれなりに楽しいけれど・・・薔薇が咲く私の実家では毎日が薔薇の気持ちをうかがうようにお天気を見守ってしまうということです。

 本年も見事に咲いてくれたバラたちに感謝の日々です

Rosebeardoll1_2

 ハイブリットティーローズを十数年、その後イングリッシュローズやオールドローズ、ギヨー作出品種などを育て品種も苗木の数も増えて何がどの子かお名前も覚えきれない昨今・・

 薔薇の魅力にとりつかれた母のお庭一年中手入れの作業は続きます。

 お花の咲く時期は虫たちと格闘、お花が咲き終わると「ありがとう、お疲れ様」のたくさんの肥料。土たちの酸化を防ぎながらよい土作りの季節、ちいさな幼虫たちとの格闘。どうやら手間をしっかりとかけたぶん、ちゃんと応えてくれるというある意味わがままな薔薇たち

 薔薇たちが艶やかなシーズンはほんのわずか。次々に咲き誇る姿に一年間の手間と苦労は何もかも忘れてしまい、本当に大満足だと母は言います。おっそわけの薔薇たちを持ち帰ります。

今年もありがとう

Rosebeardoll2    

 籠に生けてみました。ベアやドールと相性抜群思わず

薔薇三昧楽しもう薔薇グラッセを作ります

手馴れないお菓子作り・・・うまくいくだろうか。(゚ー゚;

せっかくの薔薇だしなんだかたくさん楽しまないと・・そんな人間の欲望は薔薇さんは知りません

 説明は簡単だった。「摘んだ薔薇の花びらに卵白を刷毛で塗ってグラニュー糖をまぶすだけ。」

 それなら私にもできるかも

Roseglace

 そんないい加減な気持ちで作ってみたけれどやっぱり紆余曲折まったく・・・うまくいかない!なんでなんだろうね。

 いろいろ試してみてやっとグラニュー糖がうまく乗ってくれた

Rosecake  

 薔薇グラッセをのせたチーズケーキお味は・・・やっぱり薔薇の香りがふんわりと癒してくれます。肉厚で生き生きとした薔薇の花びらでグラッセを作るとうまくいくみたいです

P5170480  

 オーストラリアのドール作家さん Mrs. Maureen Brown の作品のドール。彼女のドールはとってもかわいくていくつかコレクションさせて頂きました。

 最近来日していらっしゃらないようですが。。。またいつかお目にかかりたいし、ドールも見たいです

P5170484

2010年5月17日 (月)

Jonny☆

  P5160458  

 新緑の生き生きとした季節、燃え上がるような生命力と美しさを感じますね

 本日は牡丹の美しさにうっとり.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.重たげで密度のあるごちゃごちゃした雰囲気の花弁の多い牡丹まるで和風の薔薇みたい 

  牡丹の原産国は日本?中国?どちらでしょうか・・・

P5160468

中国だそうです

 この子は体長18cmの小ぶりなサイズ。ロングカールのジャーマンモヘアを紅茶染めにしてサイズに合う長さにモヘアをカットしています。手足、ノーズヘッド、お耳のスクラッチ、ダメージを加えています。手足の裏に使用しているのはハードタイプの牛皮革、ちょっこりと乗せているミンクの毛皮がちょっぴり不良っぽいJonny☆です。

 さて、本格的に薔薇が咲き始めるこのごろ作品作りも、ベア写真もワクワクします

P5160455

  ふっと足元を見ると

いろいろなお花に遭遇します

2010年5月12日 (水)

ノスタルジーな・・・

Prince_of_roses_3   

 こんにちは気温も天気も紆余曲折ですね。お風邪をひきやすい雰囲気実は私,昨日はダウンしていました。

5月4日にHPをなんとか開設したもののおぼつかない足取り失礼しています。微力な作業が続きますもうそれはそれは・・・しかたがない。時には気分転換も必要。なかなかうまくいかないHelp me@! 

はぁ・・・とほほほ・・・気分転換そのままどこかに行ってしまいたい

 今日はかわいらしいノスタルジック&コレクタブルドールの紹介です。1951年にペーパードールとして誕生したBetsy、1957年よりTiny Betsy Maccallというスリープアイ(横に傾けるとお目目が閉じます。立てるとお目目がぱっちり)という8インチ(約20cm)のプラスティクドールが誕生しました。日本ではリカちゃん、ジェニーちゃんが大流行しましたね。

 2004年よりBetsy Outfitを作り始めました。小さなドールのドレス作りはドレスベアを中心に作る私の作成生活にはとっても勉強になり気分転換、趣味となり工夫の広がりを感じさせてくれる場所になりました小さなドレスの中にたくさんのデコレーションを詰め込んで

写真はprincess of rosesというドレス名です。

すでにお嫁に行ってしまったドレスたちこれから作るドレスたち近々ギャラリーよりお披露目させていただきます。ぜひご覧ください。

 

2010年5月 8日 (土)

Head Dressの作成

P5080407   ドレスベアに欠かせないヘッドドレス(帽子)。

ヘッドドレスの作成は一体一体のベアの頭の形や大きさに合わせるように手作業が続きます。お耳が出るデザインにしてみました。

いろいろなレースやブレードをフロント部分にデコレーション

とっても時間がかかります。どんなドレスを作ろうかな・・・

ドレスを完成させるまでまでまだまだ時間がかかります

2010年5月 4日 (火)

こどもの日にむけて

五月のお節句に向けて2月から作成していた5体の作品たちが新宿伊勢丹6階DearBearさんにて展示販売中です

こちらの作品はなんと「RYOMAくん」 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

体長32cmジャーマンモヘア、ジャーマングラスアイ、を使用したオーソドックスなデザインのベアです。コスチュームはすべて正絹、大島つむぎを使って上質素材です。こどもの日にちなんで小さな鯉のぼりにもジャーマングラスアイを使用してどことなくユニークな表情の飾りに仕上がりました。

P3260237

トップページ | 2010年6月 »